十日町商工会議所
十日町商工会議所トップ入会案内会員企業サイトリンクサイトマップ問い合わせ

小規模企業共済

 小規模企業共済制度は、小規模企業共済法に基づく制度で、小規模企業の個人事業主の方や会社等の役員の方が事業を廃止したり役員を退職した場合などに、その後の生活の安定や事業の再建などを図る資金をあらかじめ準備しておくための共済制度で、いわば「事業主の退職金制度」といえるものです。

1.加入資格

❶ 製造業、建設業、運輸業、不動産業、農業などを営む場合は、常時使用する従業員の数が20人以下の個人事業主又は会社の役員
❷ 商業(卸売業・小売業)又はサービス業を営む場合は、常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主又は会社の役員
❸ 事業に従事する組合員の数が20人以下の企業組合の役員や常時使用する従業員の数が20人以下の協業組合の役員
❹ 常時使用する従業員の数が20人以下であって、農業の経営を主として行っている農事組合法人の役員
❺ 常時使用する従業員の数が5人以下の弁護士法人、税理士法人等の士業法人の社員
❻ 上記❶、❷に該当する個人事業主が営む事業の経営に携わる共同経営者(個人事業主1人につき2人まで)

2.掛金

毎月の掛金は、千円から7万円までとなっており、5百円刻みで選択することができます。掛金は、税法上、全額が小規模企業共済等掛金控除として課税対象となる所得から控除することができます。

3.共済金

共済金は、加入後6ヶ月以降に、個人事業の廃止、会社等の解散、役員の疾病・負傷又は死亡による退職、老齢給付など、加入者の方に生じた事由により、掛金の納付月数に応じて、法律で定められた額が支払われます。共済金の受取方法は、「一時払」、「分割払」又は「一時払と分割払の併用」のいずれかを選択することができます。ただし、「分割払」又は「一時払と分割払の併用」を選択する場合は一定の要件が必要です。共済金は、税法上、一時払共済金については退職所得、また分割共済金については公的年金等の雑所得として取り扱われます。

詳しくは…
十日町商工会議所  電話(025)757−5111
会員企業サイト一覧
会員企業サイトをご紹介しています。クリックして各企業サイトをご覧いただけます。